思考だだ漏れ読書録

とあるブログ書きの読書記録。

読書日記

読書日記 再読したい時期に入りつつある

ここしばらく活字の本を読んでいなかったが、そろそろなんか読みたいという気持ちがムクムクと湧いてきた。 新しく本を買うというのも考えたが、あまりいいのが見つからず。そう言えば町田康の「バイ貝」が文庫化したらしいので(某書店のポイントカードを作…

本を買ったのに、電子書籍について考える。

本を買った。7冊ほど。こないだ誕生日だったので、自分へのご褒美(笑)に。 本ってつくづく高い。文庫ですら、新品は安くても500円くらいはする。そりゃネット時代に本が売れなくなるはずだ。 だからといって今後本が安くなるかというとおそらくそういうこ…

本を読んで思い出した、昔のこと。

本を読んで、歩くと、昔のことを思い出す、ということがたまにある。思い出すことは、大抵の場合、本の内容とは全然関係ない、苦い思い出だ。 久々にがっつり本を読んでから歩いたら、昔のことを思い出して、暗い気持ちになった。 でも、そうやって昔のこと…

正しい本の選び方

「読書がしたい!」「でもどんな本を選べばいいのかわからない……」という人はけっこう多いはず。 そこで今日は、読書歴20年以上の私が編み出した、正しい本の選び方を伝授したい。これさえ覚えれば、誰でも、今すぐに、読書を始められるでしょう。Kindleで人…

落ち込んでいる人にオススメしたい本5選

先日友人から「最近気分が落ち込んでいるので、そういうときにおすすめの本はありませんか?」とメールで聞かれた。本はそれなりに読むけど人生経験は少ない僕がそんな相談に乗れるのだろうか?と少々考えこんでしまったが、まぁ難しく考えても仕方ない、と…

村上春樹の面白さ

今日は加藤典洋の村上春樹本をずっと読んでいた。すごく面白い。村上春樹 イエローページ〈1〉 (幻冬舎文庫)作者: 加藤典洋出版社/メーカー: 幻冬舎発売日: 2006/08メディア: 文庫購入: 3人 クリック: 13回この商品を含むブログ (29件) を見る 最近本を読む…