思考だだ漏れ読書録

とあるブログ書きの読書記録。

多読術/松岡正剛

多読術 (ちくまプリマー新書)

多読術 (ちくまプリマー新書)


おもしれぇ。おもしれぇよ。と興奮しながら読んだ。
なぜそんなに面白かったかというと、この本のメッセージの一つが「もっと多様な読み方をしてもいい」というモノだったからだと思う。
他にも、「本に善も悪もない」とか、「偶然の出会いが大事」だとか、「目次から読め」とか、様々なテクニークを披露してくれる。
そのたびに僕、わかるわかる、とか、ほへー知らなかったとか、頷いたり感心したりしながら読んだ。
読書は役に立つものとは限らないし、楽しいものとも限らない。
ただ言えることは、踏み込めば踏み込むほどその奥行を広げていく森や海のように、読めば読むほど新しい発見や出会いがある、それが読書というものなんじゃないかと思う。
この本を読んで感化された僕、さっそく丸善本店に行ってしまった。
本屋に行って、本棚を「読む」。そんな体験に目覚めさせられた、かもしれない。