読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

思考だだ漏れ読書録

とあるブログ書きの読書記録。

せっかち伯爵と時間どろぼう / 久米田康治

読書メモ く:久米田康治

 久米田康治の『せっかち伯爵と時間どろぼう』第一巻を読む。

 作品のテイストとしては前作『さよなら絶望先生』に近いが、下ネタ(乳首券発行とか)が多めだったり、ストーリー展開がキチンとしていたりと、変化をつくろうという意欲が感じられる。

 特に感じたのは、主人公の幼馴染(夕仏真心)の感情の起伏が激しいということ。キレて三角目になるのがかわいい。今までの久米田作品のヒロインは、どこか覚めていてクールな印象だったので、なんだか新鮮である。

 第一巻ということもあってか、ストーリー説明が多く、風刺・パロディネタが少なめなのが個人的には物足りない。五話以降の「9K」や「上民(うわたみ)」あたりからだいぶ増えてきたが。

 面白いか、と言われれば、確かに面白いんだけど、もっと面白くなるだろうという感じもある。某ブログにも書かれていたことだが、ヒロインの寿命が一年なのにも関わらず、作中時間はリアルタイムで進んでいたりして、この先どうなるのかが全く読めない。今後に期待である。

せっかち伯爵と時間どろぼう(1) (少年マガジンコミックス)

せっかち伯爵と時間どろぼう(1) (少年マガジンコミックス)