読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

思考だだ漏れ読書録

とあるブログ書きの読書記録。

常識の路上 / 町田康

常識の路上

常識の路上

 旅行記や書評などをまとめたエッセイ集。町田康のこの形式の本は「破滅の石だたみ」以来7年ぶり。

 最近小説が出版されていなくて、連載小説を書いているのは知っているけれど、正直に言って、町田康、どうなんだろう? と思っていたが、大丈夫だった。とても大丈夫だった。

 文学って、読んだらぶっ飛ぶんだよなぁ、ということを、久々に実感した。今もぶっ飛んでしまっていて困っている。

 特に坂口安吾について書き下ろした「堕落への道のり」がスゴい。言葉のマシンガン。堕落のウォータースライダー。

 ぶっ飛んでしまっているので、とにかく読みなはれ、としか言いようがない。それ以外に言いたくない。常識の路上ってなに?と思う人も、思わない人も、手にとっておくんなまし。前半の旅行記はあんまりなので、立ち読みするなら二章からがいいと思うよ。