思考だだ漏れ読書録

とあるブログ書きの読書記録。

2014-03-19から1日間の記事一覧

あらゆる小説愛好家に。(創作の極意と掟 / 筒井康隆)

筒井康隆の小説は、正直言ってそれほど多くは読んでいない。『文学部唯野教授』はすごく面白く読んだ。『虚人たち』は、読んだ当時はちんぷんかんぷんだったけど、後々になってどういう意図で書かれたのかを知って納得した。あとは初期の短編をいくつか読ん…