思考だだ漏れ読書録

とあるブログ書きの読書記録。

仮面の告白 / 三島由紀夫

 三島由紀夫「仮面の告白」どうしてか文章を読むとえもいわれぬ愉悦、トランス状態、恍惚、そういったものを感じるときがあって、この小説もそう。村上春樹「ノルウェイの森」とかもそう。そういうガンガン読み進めたくなる小説が私は好きなの。案外探せば見つかるんだけどそういうの。何でそういった感覚が起こるのか。不思議だね。良いことだね。ね。ね。楽しいからいいんじゃん。