rhの読書録

とあるブログ書きの読書記録。

ティンブクトゥ / ポール・オースター

柴田元幸翻訳の小説を読んでみよう、とだいぶ前に買っておいたこの本。しばらくぶりに手に取り読み進めたら、ハマった。 (文庫版の)30ページあたりから、主人公であり犬の「ミスター・ボーンズ」の飼い主である「ウィリー」のことが、すっかり好きになって…

赤瀬川原平の名画読本 / 赤瀬川原平

絵画のことがわからない。正直に言って、さっぱりわからない。人はなぜ絵を描き絵を観るのか。 今まで絵画というものと無縁の人生を送ってきた。一度だけ、散歩中にたまたま見つけた「フランシス・ベーコン展」に入ったことがあるが、それとて、ある批評家が…

「自分」を生きるための思想入門 / 竹田青嗣

「自分」を生きるための思想入門 (ちくま文庫)作者:竹田 青嗣発売日: 2005/12/01メディア: 文庫 書きたいことはある。いつもある。 でも、こんなことを書いていいのか?と躊躇する。 なぜか。 そりゃあ一応まかりなりにも人目に触れる可能性のある文章だから…

「妹を救う物語」としての『鬼滅の刃』と『ダンジョン飯』の比較

ダンジョン飯 10巻 (HARTA COMIX)作者:九井 諒子発売日: 2021/02/13メディア: Kindle版 『ダンジョン飯』10巻を読む。キメラになった妹を救う物語がいよいよ佳境に入っているわけだが、よく考えたらコレって『鬼滅の刃』と同じじゃん。気づくのが遅い。鬼滅…

箱男 / 安部公房

箱男 (新潮文庫)作者:公房, 安部メディア: 文庫 安部公房による小説。昭和48年に刊行。 本作の登場人物(?)である「箱男」は、ゲーム『メタルギアソリッド』に装備品として登場する「ダンボール」の元ネタとされている。 そんなメタルギア経由で手に取った…

風の歌を聴け / 村上春樹(再読)

風の歌を聴け (講談社文庫)作者:村上春樹発売日: 2016/07/01メディア: Kindle版 村上春樹のデビュー作。29歳の「僕」が、21歳だった1970年の一夏を回想する小説。というのがとてもざっくりとしたあらすじ。 作者自身も執筆当時29歳だったという。なので発表…

『風の歌を聴け』を再読(する予定)

本屋でふと『風の歌を聴け』を手に取り最初の方を再読。断片的な章を連ねた小説だ。風の歌を聴け (講談社文庫)作者:村上春樹発売日: 2016/07/01メディア: Kindle版rhbiyori.hatenablog.jp 加藤典洋氏が『村上春樹 イエローページ』の中でこの小説の時系列を…

読書日記 「中動態の世界」、「こちらあみ子」、カフカなど

読書のペースが落ちると読書ブログの書き方も忘れてしまいがち。大変よろしくない。 というわけで前回の記事以降の読書事情について、かなりフランクな感じで書いていこうと思う。 数ヶ月前に読んだ「中動態の世界(國分功一郎)」。学術的で大変難解な本。…

ラオスにいったい何があるというんですか?紀行文集 / 村上春樹

ラオスにいったい何があるというんですか? 紀行文集作者: 村上春樹出版社/メーカー: 文藝春秋発売日: 2015/11/21メディア: 単行本この商品を含むブログ (32件) を見る 村上春樹の最新紀行文集、つまり旅行記をまとめたもの。 わりと前に衝動的にkindleで買っ…

とにかくうちに帰ります / 津村記久子

とにかくうちに帰ります(新潮文庫)作者: 津村記久子出版社/メーカー: 新潮社発売日: 2016/03/18メディア: Kindle版この商品を含むブログを見る 会社員たちの日常。そして大雨の中の帰宅風景を書いた短編集。大きなドラマはない。人は死なないし恋愛もしな…

スタジオパルプ / 久米田康治

スタジオパルプ 1作者: 久米田康治出版社/メーカー: 白泉社発売日: 2018/05/31メディア: コミックこの商品を含むブログ (3件) を見る 久米田康治が白泉社の雑誌「楽園」に連載中の作品。電子版がなかったので本で購入。巻頭カラーページが主人公のグラビア風…

生者と死者―酩探偵ヨギガンジーの透視術 / 泡坂妻夫

生者と死者―酩探偵ヨギガンジーの透視術 (新潮文庫)作者: 泡坂妻夫出版社/メーカー: 新潮社発売日: 1994/10/28メディア: 文庫購入: 3人 クリック: 19回この商品を含むブログ (39件) を見る 以前『アメトーーク!』の読書芸人で紹介されていた小説。帯分によ…

ずぼら瞑想 / 川野泰周

ずぼら瞑想作者: 川野泰周出版社/メーカー: 幻冬舎発売日: 2018/04/05メディア: 単行本この商品を含むブログを見る 瞑想やマインドフルネスに興味がある人は多いのではないかと思う。かくいう自分もそのひとりだ。 かつては宗教的な精神修行の一環として行わ…

はじめに

面白い本を読むと、なにかを語りたくなる。あるいはなにか語らなきゃいけないような気持ちになる。そんな「なにか」を書くブログ。rhbiyori.hatenablog.jprhbiyori.hatenablog.jprhbiyori.hatenablog.jprhbiyori.hatenablog.jprhbiyori.hatenablog.jprhbiyor…

本気になればすべてが変わる 生きる技術をみがく70のヒント / 松岡修造

本気になればすべてが変わる―生きる技術をみがく70のヒント (文春文庫)作者: 松岡修造出版社/メーカー: 文藝春秋発売日: 2011/08/04メディア: 文庫購入: 3人 クリック: 18回この商品を含むブログ (11件) を見る かつて自分は重度のニコ厨、つまりニコニコ動…

積読を20冊。

なんだか久しぶりに本が読みたくなった。本屋と古本屋に通い、3日かけて20冊ほど購入し、寝る前などにちょっとずつ読んでいる 昔、最も本を読んでいた時期は、月に1度はこれくらいのペースで本を買っていたと思う。 それに比べてここ1、2年は本当に本を読ま…

暇と退屈の倫理学 / 國分功一郎

暇、とは。何もやることが無い状態。 退屈、とは。現在の自分の状態に飽き足りない、という心の動き。 退屈とはなんだ。贅沢な話じゃないか。世の中には、退屈なんて感じる余裕がない人もいるのに。 でも多くの人が、きっと自分の人生の中で、様々な退屈を感…

文明の子 / 太田光

文明の子 (新潮文庫)作者: 太田光出版社/メーカー: 新潮社発売日: 2017/09/28メディア: 文庫この商品を含むブログを見る お笑いコンビ「爆笑問題」の太田光が書いた長編小説。 僕自身、太田光が好きかと聞かれるとちょっと答えに困るのだが、常に気になる存…

ぶんぶくたぬきのティーパーティー / 森永あやみ

ぶんぶくたぬきのティーパーティ 1巻 (LAZA COMICS)作者: 森長あやみ出版社/メーカー: まんだらけ発売日: 2016/01/04メディア: 単行本この商品を含むブログ (1件) を見る 面白いWebマンガを探していた時に見つけた作品なのだが、今すぐアニメ化して欲しいく…

旅のラゴス / 筒井康隆

旅のラゴス (新潮文庫)作者: 筒井康隆出版社/メーカー: 新潮社発売日: 1994/03/01メディア: 文庫購入: 44人 クリック: 360回この商品を含むブログ (142件) を見る この小説に興味を持ったきっかけは、『ドラゴンクエストV』という自分が最も好きなテレビゲー…

騎士団長殺し / 村上春樹

騎士団長殺し :第1部 顕れるイデア編作者: 村上春樹出版社/メーカー: 新潮社発売日: 2017/02/24メディア: 単行本この商品を含むブログ (46件) を見る騎士団長殺し :第2部 遷ろうメタファー編作者: 村上春樹出版社/メーカー: 新潮社発売日: 2017/02/24メディ…

魔法陣グルグル / 衛藤ヒロユキ

魔法陣グルグル 1巻 (デジタル版ガンガンコミックス)作者: 衛藤ヒロユキ出版社/メーカー: スクウェア・エニックス発売日: 2012/03/12メディア: Kindle版 クリック: 80回この商品を含むブログ (3件) を見る 『魔法陣グルグル』三度目のアニメ化が決定したらし…

この世界の片隅に / こうの史代

この世界の片隅に 上 (アクションコミックス)作者: こうの史代出版社/メーカー: 双葉社発売日: 2008/01/12メディア: コミック購入: 23人 クリック: 507回この商品を含むブログ (300件) を見る アニメ映画が大ヒット中の作品だが、原作のマンガ版を2013年の発…

残像に口紅を / 筒井康隆

最近なんだか活字の本を読む気が起こらずにいたのだが、古本屋で筒井康隆の本を立ち読みしたところ、「筒井康隆の小説を読みたい欲」が急に湧いてきた。 二日間ほど何を読むか検討した結果、『残像に口紅を』に決定。そこからさらに二日ほど近所の古本屋をチ…

夏への扉 / ロバート・A・ハインライン

ハインラインの『夏への扉』を読んだ。kindle(電子書籍)版で。夏への扉作者: ロバート A ハインライン,福島正実出版社/メーカー: 早川書房発売日: 2013/05/24メディア: Kindle版この商品を含むブログ (14件) を見る この小説が、古典SF小説としてかなり評…

読書日記 再読したい時期に入りつつある

ここしばらく活字の本を読んでいなかったが、そろそろなんか読みたいという気持ちがムクムクと湧いてきた。 新しく本を買うというのも考えたが、あまりいいのが見つからず。そう言えば町田康の「バイ貝」が文庫化したらしいので(某書店のポイントカードを作…

かくしごと / 久米田康治

「さよなら絶望先生」の久米田康治先生の最新作。作者の漫画家としての体験談をネタとしたギャグマンガである。かくしごと(1) (月刊少年マガジンコミックス)作者: 久米田康治出版社/メーカー: 講談社発売日: 2016/06/17メディア: Kindle版この商品を含む…

ポプテピピック / 大川ぶくぶ

ポプテピピック (バンブーコミックス WINセレクション)作者: 大川ぶくぶ出版社/メーカー: 竹書房発売日: 2015/12/07メディア: Kindle版この商品を含むブログ (1件) を見る 去年あたりからTwitter上でちょくちょく見かけるマンガだったのだが、最近になってじ…

ニッポンの文学 / 佐々木敦

ニッポンの文学 (講談社現代新書)作者: 佐々木敦出版社/メーカー: 講談社発売日: 2016/02/17メディア: 新書この商品を含むブログ (8件) を見る 80年代から現代までにおける日本の小説の歴史を、代表的な作家の名を挙げながらまとめた本。 いわゆる文学作品と…

十角館の殺人 / 綾辻行人

(講談社文庫)" title="十角館の殺人 (講談社文庫)">十角館の殺人 (講談社文庫)作者: 綾辻行人出版社/メーカー: 講談社発売日: 2007/10/16メディア: 文庫購入: 30人 クリック: 87回この商品を含むブログ (146件) を見る 綾辻行人のデビュー作。以前読んだ『ニ…