思考だだ漏れ読書録

とあるブログ書きの読書記録。

村上春樹の面白さ

 今日は加藤典洋の村上春樹本をずっと読んでいた。すごく面白い。

村上春樹 イエローページ〈1〉 (幻冬舎文庫)

村上春樹 イエローページ〈1〉 (幻冬舎文庫)

 最近本を読む機会がめっきり減っていて、ヤキが回ったかな、と思っていたのだが、この本を読み始めたら止まらなくなった。ただ単にいい本と巡り会っていなかっただけだったのだろう。

 ちょっと複雑なところもあって理解に時間がかかったりするし、「このスピードで読んでて内容を記憶できるんだろうか?」と思ったりしているが、それでも読んでしまう。決して文章が派手だったり、名人芸という感じでもないのだが、読まされてしまう、といった感じ。このへんは、内田樹の本を読んでいる時の感覚に近い。

 なぜ村上春樹の本はこんなに面白いのか、ということを、読みながら素人なり考えるわけだが、個人的な答えを言うならば、「人間にとって大切なことを扱っているから」というのが今のところの回答になると思う。もちろんこれは「僕にとって大切なことを扱っているから」と言い換えてもいい。

 もっと実際的なことを言うと、村上春樹の小説をひもとくたびに、今僕自身が抱えている問題と何かしら関係のあることがらが出てくるのである。しかも必ず毎回。

 そんなことは普通あり得ない。でもそれが起こる。だからすごい。ほんとうにすごい。

 もっと何かを書こうと思ったけど、さっさと結論が出てしまったので、今日はこれで終わり。おやすみなさい。