思考だだ漏れ読書録

とあるブログ書きの読書記録。

2010-11-10から1日間の記事一覧

群像12月号

本屋で群像12月号に載ってた富岡多恵子と町田康の対談を読んできた。 短歌、朗読、語彙の変化、心を傷つけたがらない人々、等々が話題に上っていた。 面白かったのは、作家はある程度キャリアを積むと、悪魔が忍び込んでくるかのように人生論を書きたくなる…